blog ブログ

  • 2020.05.19
  • 健康情報・豆知識

お家で簡単!今日からできる美容方法

日差しがどんどん強くなり、肌への紫外線の影響も大きくなる季節になりました(;´ω`A)

この時期にどのようなケアを行うかが、肌が老ける肌が老けないの分かれ道だそうです。

特に注目するポイントは、「肌温」だと言われています。

夏にシミが濃くなりやすい原因が、この「肌温」なんです。

夏に近づくと、暑さや紫外線がどんどん強くなってきますので、今しっかりとケアを行ってほしいです。

今日は、夜に簡単にできるお肌のアンチエイジングをお伝えしたいと思います。

夏の夜には肌を冷やして美容しよう

 

『シミを防ぐために、紫外線を浴びたらすぐに美白ケアをしないと!』

と考える方は多いと思います。

しかし、肌に赤みやほてりがある状態で美白コスメを使用すると、肌に負担を与えやすく、反対に炎症が悪化する場合もあるそうです。

ですので、シミや毛穴をできにくくするためには、肌を冷やし、ほてりを鎮めることが重要だそうです。

 

POINT

 

クレンジングと洗顔で肌をきれいにしてから、冷やし美容をスタートしましょう。

シミのできやすい目の周り、こめかみを十分に冷やしてからたっぷり保湿します。

 

用意するもの

 

タオル・保冷剤

 

方法

 

1.凍らせた保冷剤をタオルで包みます。

冷蔵庫で凍らせた保冷剤を肌に当てやすいようにタオルで包みます。

保冷剤を直接肌に押し当てるのは厳禁です。

2.目の周りやこめかみをじんわりと冷やします。

特にシミのできやすい目の周りやこめかみ、頬骨の上などを中心に数秒ずつ、肌がひんやりするまで繰り返します。

3.額や小鼻周りもじんわりと冷やします。

皮脂分泌の多い額や、毛穴が開きやすい小鼻周りも数秒ずつ冷やします。

 

 

だいたいここまでで1分程度です。

④いつものお手入れを行う。

化粧水、乳液など、いつも行っているお手入れを行って下さい。

 

 

より効果を高めたい方は、

化粧水や美容液をたっぷりしみこませたマスクを肌にのせ、その上からシリコンマスクをつけます。

シリコンマスクをつけると水分が蒸発しにくくなるので、保湿力が長持ちします。

3分程度パックし、仕上げにジェル又は乳液を塗り、潤いを保ちます。

 

 

私は③までした後、冷蔵庫で冷やした化粧水を塗り、乳液やジェルを塗っています。

金曜日やがんばった日はマスクをつけ、上記のように行っています。

 

 

皆さんも是非、自分に合った方法でシミ予防対策試してみてください。

一覧に戻る

お問い合わせはコチラ!